一般社団法人エンディングメッセージ普及協会
お問合せ

TEL 03-5809-1191

メッセージノート


メッセージノートの役割

【自分のライフプランを考える】
 メッセージノートは、人生のラストステージに向かって、主人公のあなたが、自分らしい人生を送るために、ライフプランを考えるツールとしてお使いください。
 メッセージノートに取り組むと、自分の資産、健康状態、家族の状況などの現状を把握でき、老後生活に必要な三大要素「お金」「健康」「生きがい」などが見えてきます。
 また、老後の財産管理、介護、終末期の医療、葬儀やお墓、身の回りの始末など、自分でラストステージを演出することができます。
 
【遺された家族のために】
 メッセージノートで遺される家族への愛情を伝えましょう。
 あなたが遺した大切な人への感謝の気持ちや想いを伝える言葉が、遺された家族が持つ「戸惑い」「後悔」「憤り」などから解放させる「思いやり」になります。
 遺された家族が困ることがないように、家事全般、預貯金や生命保険、介護している家族やペットのことなど事務連絡をすることもノートの大切な役割です。
 
【相続のために】
 メッセージノートを円満、円滑な相続(爽族)を実現するためのツールにしてください。
 家族への感謝をベースにして財産の分け方を考え、誰に何を残したいのか気持ちで分けてみます。なぜそう分けたいのかという理由や気持ちが遺された家族に伝わることで、無駄な争いが回避できるかもしれません。
 メッセージノートは、遺言の下書き的意味合いも持っています。
 
【親子で使う】
 メッセージノートを親子のコミュニケーションツールとして利用してください。
 メッセージノートは、子供が親の暮らし(生活状況、健康状況、主治医や友達についてなど)や親の希望・気持を把握するためのヒアリングシートになります。

 

メッセージノートの使い方

メッセージノートは、「ライフデザイン編」と「シークレット編」(初版「資産保険詳細編」)の二部構成になっています。
 「ライフデザイン編」は、介護や医療を受ける際に、自分の意思を伝える役目も持っています。自分の意思が伝えられない状況に至ったときは、家族に見てもらう必要があります。
 書いた内容を今は家族に知られたくない人は、普段家族に見られない場所に保管し、このノートがあることを身近で信頼のおける人に告げておきましょう。
 「シークレット編」(初版「資産保険詳細編」)は、資産内容などをより詳細に把握し、これからの人生設計や今後の資産の使い道、資産の引き継ぎ方などを考えていくために使います。
 今は、様々な理由で、資産の詳細を家族に知られたくない、秘密にしておきたいと考える人のために、「ライフデザイン編」と別々に保管できるようにしました。
 内容を知られたくない人は、鍵付きの引き出しや金庫などに保管してください。ただし、資産について書いたノートが保管してあることを身近で信頼のおける人に告げておきましょう。

 

ノート購入